メンテナンスのあり方

ウッドデッキをお手入れして2倍楽しむ

素敵なウッドデッキを作ったけど手入れが苦手という方が多いようです。
しかし、せっかく実現した夢のウッドデッキもきちんとメンテナンスしないと、すぐに塗装が剥げたり,
木が日焼けしたり、腐食が始まってしまいます。
ここでは、材種別のメンテナンス方法をご紹介します。

ハードウッド(広葉樹)系のメンテナンス
(イぺ、ウリン、アマゾン、ジャラなど)

耐久性が非常に高く防虫剤や防腐のための薬剤や塗料の塗布が必要ありません。
シロアリや雨水などにも強く腐食の心配がないのが特徴です。
メンテナンス法としては、苔などが生えたり、キズやマジックなどの汚れが付くことがありますので
1年に1回程度、デッキブラシや高圧洗浄などで洗浄したり、サンドペーパーなどで汚れを落とす程度でOKです。

ソフトウッド(針葉樹)系のメンテナンス
(サイプレス、SPF、ホワイトウッド、エウスタンレッドシダーなど)

価格が安いという反面、耐久性では問題があります。
1年に1回程度防虫防腐塗装を行わなければいけません。これを行わないと2~3年で朽ち果ててしまいます。
デッキブラシや高圧洗浄などで綺麗に洗浄した後、2~3日乾燥させて、研磨したのちに防虫防腐塗装を行います。歩行面だけでなく裏面や土台部分も行います。

人工木材のメンテナンス

リサイクルプラスティックと廃木粉を原料とする人工木材です。
プラスティックを混ぜ込んで加工してあるので含水率が非常に低く、キノコなどの腐朽菌やシロアリなどの害を受けることがありません。
ほとんどメンテナンスは必要なく、汚れや苔などを年に1度デッキブラシや高圧洗浄などで洗い流す程度でOKです。

よくある質問

工事をお願いしたいのですが、見積もりには費用がかかるの?
お見積りは無料ですので、お気軽…

答え

ページ上部へ戻る